企業情報

時代のニーズに対応する、柔軟な発想と変革。

東亜青果は、昭和16年に東亜物産貿易株式会社として設立されました。戦後その経験を活かして鳥取県地方青果卸売市場として発展してまいりました。しかし、今時代は大きく変わろうとしております。グローバル化による世界各国からの輸入農産物の攻勢や少子高齢化による食生活の価値観の変化など、戦後の大量生産、大量消費の時代から個人の価値観に見合った商品購入する消費の多様性の時代になり今までの方法ではその変化に対応できません。
弊社においては、東亜ソフトウェア株式会社などの子会社があり先端的青果情報システムの構築活用では、国内有数の会社であると自負しております。情報化時代にあって、消費者の望む商品を迅速に供給すべく情報システムの活用と物流システムの構築により今までの体制を変革する努力をしております。医食同源の言葉にあるように、安心して食し健康になるような青果物の供給に努力していく所存ですので、今後とも皆様方のご支援をお願い致します。

代表取締役社長 秦野 博行

企業理念

私達は,豊かな生活文化を提案することにより健康な地域社会の実現を目指します。

経営方針

中海圏を中心とした,地域青果物と食品流通の第一人者としての自覚をもち,創造と英知のもとに,高鮮度・地場商品・高味覚の3つの品質方針に基づいて消費者の期待に応え,地域社会の発展に貢献する。

コンプライアンス

法令の遵守はもとより,社会的良識をもって,健全かつ公明正大に行動します。

東亜青果の会社概要

(2017.05.29 現在)
東亜青果株式会社

市場名
地方卸売市場 東亜青果株式会社
所在地
〒683-0804 鳥取県米子市米原9-3-20
電話 0859-33-3311 FAX  0859-33-3312
代表者
代表取締役社長 秦野 博行
役員
副社長 牛込 淳彦
専 務  福井 一
常 務  西田 寛
他 取締役 2名 監査役 2名
資本金
1,800万円
従業員数
63名
関連子会社
■境港青果市場
〒684-0033 鳥取県境港市上道町2075-4
TEL(0859)44-0275 FAX(0859)44-5384
■東亜花卉園芸市場
〒683-0804 鳥取県米原9丁目3-7
TEL(0859)33-3313 FAX(0859)33-3314
■東亜ソフトウェア株式会社
〒683-0801 鳥取県米子市新開7丁目13-38
TEL(0859)34-3040 FAX(0859)34-3554
http://www.toasoft.co.jp/
■東亜フーズ株式会社
〒683-0804 鳥取県米原9丁目3-20
TEL(0859)33-8121 FAX(0859)33-8122
■東亜ベジテック株式会社
〒683-0804 鳥取県米原9丁目3-20
TEL(0859)33-3311 FAX(0859)33-3312■東亜青果 倉吉出張所
〒682-0017 鳥取県倉吉市清谷町2丁目18
TEL(0859)33-3311(東亜青果株式会社)
事業内容
野菜・果実及びその加工品の販売
青果物及びその加工品の輸出入並びに販売
上記に付帯する一切の業務
主要施設
用地 26,820m²
セリ場 5,506m² (花市場含む)
関連店舗 2,065m²
保冷庫 2,006m²
保管庫 823m²
バナナ熟成庫 205m² (全8室)
氷温庫 155m²
管理事務所 695m²

アクセスマップ

■車
米子市内 国道9号「西福原1丁目」交差点(通称:わこう交差点)を境港方面へ約1.5km先
■JR
三本松口(JR境線)から徒歩15分

沿革

昭和16年
6月 当社の前身である「東亜物産貿易株式会社」設立
昭和26年
5月 「東亜青果株式会社」に社名変更
昭和40年
8月 境港青果市場開設
昭和45年
花のセリ売り開始
昭和47年
2月 現在の米原に新社屋移転
昭和48年
東亜冷凍食品株式会社設立
昭和49年
花卉部が知事より認可
5月 協同組合米子食品卸売市場を隣地に設立
昭和52年
東亜水産株式会社設立
昭和53年
全国2番目の低温売場建設
平成2年
東亜ソフトウェア株式会社設立
平成8年
業界初の大型氷温庫完成
平成10年
4月 東亜冷凍食品を東亜フーズ株式会社に改称
東亜水産を青果加工会社として東亜ベジテック株式会社設立
平成18年
9月 バナナ熟成庫を更新 音楽熟成バナナ発売(同協会加入)
平成21年
5月 バナナ熟成庫を2室増設(全8室体制)
平成24年
7月 東亜ベジテック改築,東亜フーズ・米子食品卸売市場 移設
平成29年
3月 食品加工工場建設
PAGE TOP